爆発する食品

今週のお題「爆発」

今週もお題で楽します。

すでにどなたか書いてらっしゃる方がいるかと思いますが、僕の中では爆発と言えばレンジです。爆発、飛び散りは割と日常的になってしまって、気を付けていても時々やらかす。

子どもの頃初めて爆発したのを見たのは、卵。これレンジに入れると危険なんですよね。生でも茹でていても、どちらもダメ。ベーコンの上に卵を1個割り落とし、ココット風たまごにすることが稀にありますが、ラップのかけ具合が甘いと、レンジ中に飛び散ります。

レンジ爆発の何が嫌かって、飛び散ったものを掃除するとき。早く食べたいのに自分でわざわざ用事をひとつ増やしてしまい、ブルーになることもよくあることです。

魚もちょっと厄介。グリルやフライパンで焼いた魚を、中まで火が通っていないと困るので、一旦レンジで加熱することがあります。でも、魚も割と加熱時間によっては景気よく爆発してくれるのです。

多分マイクロ波が一点に集中し過ぎたりして起こるのだと思いますが。これもひどいときにはレンジの壁という壁に細かい身がゴミとなって付着して、取るのがひたすら面倒ッ!!

たまごといい、魚といい、拭きとるのを嫌がるかのように、ひと拭きぐらいではすんなり取れてくれません。

……ったく食事の前に。何の恨みがあって──とかって頭にくるわけですが。放っておいてもレンジは自動できれいにはなりません。

レンジで魚を加熱するときは、ちょっと余分に温める感じなので、ラップをしないで放り込むことが多いのが被害を拡大させる原因だったりします。でも割と短時間ですませることが多いからか、今も魚の加熱にラップはしておりません。いつかまた爆発しそうな予感。

 

f:id:tekutekumegane:20210908140704p:plain

チコデザの画像

 

そして。これは毎回やるんですが。スパゲッティーを食べるとき、レトルトパウチのミートソースなんかを深皿に空けてレンジにかけるのですが。

蒸気の隙間が必要だからと少しだけラップに隙間を開けていても、レンジの中では盛大にボンボンと噴火大会が開催されており、終わってみたらあら不思議。爆発の勢いで隙間は大穴に変わり果て、そしてレンジ中に飛び散るミートソース。

またか、と。何回やってもうまく加熱できた試しがありません。つまようじで小さな穴をいくつか開けても、爆発するとラップが破れてミートソースが飛び散るという恒例行事。こういったスパゲッティーソース類とレンジとの相性はあまりよくありません。

何かこういったのを加熱するときの鉄板グッズってないもんでしょうか。蒸気を逃がす蓋でうまく加熱できるとか。スパゲッティーを食べるときに毎回レンジ掃除をさせられるのではいいかげんうんざりしてきます。

鍋で加熱すると大きな洗い物が増えるし。時短、即食べ、即洗いで行きたいのに。レンジ掃除に手間がかかって、いつまでもきれいにならないとイライラ・カリカリしてしまう。

精神衛生上レンジで温めるスパゲッティーは非常にストレスがたまるため、今現在自粛しているところです。もう少し安全に加熱できるようになってから食べよ。

映画とかでも爆発ってありますねぇ。あれって一体誰が片づけると思ってるんだろう。後始末が何気につらい。