飲む茶にまつわるエトセトラ

今週のお題「好きなお茶」

我が家では、昔、いろんなお茶を飲んでいました。麦茶、烏龍茶、ドクダミ茶など。どのお茶がいいとかはあまりなくて、とりあえずお茶が飲めればよかったので全然気にしませんでした。

でもかなり以前から、我が家では烏龍茶が主流になってきました。なので僕自身もお茶と言えば、烏龍茶。緑茶とかなり迷いますが、僅差で烏龍茶のほうが勝る感じがします。それだけ身近なお茶ということです。

反対に、緑茶はというと、冬に急須でしか入れない感じ。石油ストーブにやかんをかけていて、熱湯があるときぐらいしか飲むことがないような。年がら年中ある烏龍茶に対し、ちょっと期間限定という感じになります。

それがちょっと前までの話。今は家でお茶自体を飲まなくなってしまいました。何かを飲むとしたら真っ先に水。真水。水道水。本当はお茶を飲みたいのに。

僕は水筒に入れたお茶があまり好きじゃないんです。子どものとき遠足で飲むときのお茶は、なんか薬くさいような微妙なニオイと味。洗ってないわけじゃないんですが。その微妙な感じが苦手でした。

何でこんな話をしたかと言うと、今やかんのお茶がこんな感じなんですよね。親が茶葉を放り込んで上からポットの熱湯を足して終わり。一から沸かさないんです。

なので、なんか薄くてちょっと味が微妙なお茶が完成してしまいます。毎回洗わないし、干さないし。お茶はコンロで沸かさないとくると、水筒のお茶の延長みたいな感じ。あんまり飲みたくなかったりします。

 

f:id:tekutekumegane:20210916131726j:plain

food.fotoの画像

 

そういうわけで、お茶と言えば、市販のお茶。ペットボトルということになります。出かけるたびにペットボトルを買うからプラスチックごみが増えるばかり。

それにしても、烏龍茶の商品数は少ないですね。緑茶系や紅茶系は結構棚にどんと積み上げられているのに、烏龍茶は端っこでちんまり。サントリー以外売ってないような気もします。あとはオリジナルブランドの烏龍茶とか。

イオンのトップバリュの烏龍茶は安いけど味が今ひとつ(店の人には内緒ね)。別のスーパーの70円台の烏龍茶は凄く好きで、書きたいんですけど、書くとどこに住んでいるか身バレしそうなので泣く泣く諦めます。安いのにおいしいんだよ。通院するときはほぼ毎回買います。

ポッカサッポロの自販機で売っていた低カフェインの烏龍茶も好きでした。今は自販機の陳列から漏れて買えなくなってしまいましたが。絶対許さんー。

てくてくめがねは「しょうひしゃのいかり」をとなえた。ポッカサッポロに35のダメージ(意味不明)。

烏龍茶も商品が豊富な時代にならないもんかな。緑茶、ほうじ茶、あとトクホの商品はたくさん置いてあるんだけど。

ところで。今までと全然関係ない話ですが。最近自販機でデカフェ生茶を見つけました。高いけどいつか買いたいな。カフェインアレルギー持ちにはお宝のような商品。

以上、ぐだぐだになってきたお茶談義でした。

どうでもいいけど、飲み過ぎるとトイレが近くなるのなんとかならない? ならない? あ、そう。

……(涙)。